≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

三頭山【1531㍍】

8月27日曇り
ルート
奥多摩駅→小河内神社→ドラム缶橋→三頭の名水→イヨ山→ヌカザス山→入小沢ノ峰→三頭山山頂→後ピストン


 世中の青少年は夏休みと言えど、大人はやはり平日は会社です。朝の駅は出勤の人でいっぱいで、その中を一人ザック担いでいる姿は、なんか心もとない。山でも会った人は三人家族と50代位の夫婦だけでした。
 今回の山行で一番印象に残ったのは『急』です。三頭山は急坂で有名な山であり、中でもツネ泣坂は相当きつかったです。本当に泣きそうでした。ツネ泣坂だけではありません。ヌカザス山手前も相当急です。行く方は覚悟してください。
 山頂では全然休憩できませんでした。なぜなら、展望ないし、虫がブンブン纏わりついてきます。昼飯も早々に、引き上げました。
 今回はピストンなので、発見は少なかったですが、汗をいっぱいかいて、気持ちの良い日となりました。



Cimg4722.jpg
ドラム缶橋、ガタゴト音がします。ゆれます。

Cimg4724.jpg
奥多摩湖ってすごく緑色でした。

Cimg4726.jpg

イヨ山前の登山道。

Cimg4727.jpg
イヨ山。

Cimg4728.jpg
急坂、ガスってきました。

Cimg4730.jpg
ヌカザス山。

Cimg4733.jpg
難所、ツネ泣坂。

Cimg4734.jpg
三頭山、東峰。フェイク峰と名づけた。

Cimg4735.jpg
三頭山、中央峰。何も見えない…。

Cimg4736.jpg
何も…。早くも下山。

Cimg4737.jpg
逆ツネ泣坂、これを降ることを忘れていたショット。

Cimg4738.jpg
とても幻想的、イタチっぽいのに遭遇しました。

Cimg4740.jpg
行きの2/3位の時間で下山。

Cimg4741.jpg
三頭の名水で喉を潤す。

Cimg4742.jpg
バスが1時間来ない。行ける所まで歩く。

Cimg4743.jpg
ココは東京都。

にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ
スポンサーサイト

| 標高1501~2000㍍(東京都) | 20:55 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

≫ EDIT

霧ヶ峰(車山)【1925㍍】

8月17日 東京都→雨 長野県→晴れ後雲
ルート
霧ヶ峰ロイヤルイン駐車場→車山山頂→蝶々深山→物見岩→八島ヶ原湿原→霧ヶ峰ロイヤルイン駐車場


前から行ってみたかった霧ケ峰に行ってきました。
八島ヶ原湿原を中心に草原が広がる大地は雄大で、とても癒されました。いつもの山登りは違い、歩道も整備され半ばピクニックのようでもありましたが、動植物も多くとても良かったと思います。
家族やカップルで行くのが最適であると思います。

Cimg4457.jpg
霧ヶ峰ロイヤルイン駐車場。60台位停まれる。

Cimg4464.jpg
最初のインパクトに感動。

Cimg4476.jpg
車山山頂、ガスがきもちいい。

Cimg4484.jpg
花がとても綺麗。7月はニッコウキスゲが有名。

Cimg4485.jpg

マツムシソウ、花びらが特徴。

Cimg4500.jpg
蝶々深山、チョウチョウミヤマと読む。

Cimg4516.jpg

アサギマダラ、成虫化したばかりか、動きが鈍い。蜜に夢中らしい。

Cimg4518.jpg

ヒメトラノオかも…。蜂がいます。

20060821011208.jpg

振り返ってパノラマ。

Cimg4520.jpg
物見岩、ストーンヘッジみたいだ。

Cimg4524.jpg

アサマフウロ。

Cimg4525.jpg
八島ヶ原湿原の鎌ヶ池。

Cimg4529.jpg
湿原はこんな感じ。

20060821011339.jpg

車山肩への最後のピーク。
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ

| 標高1501~2000㍍(地方) | 00:39 | comments(0) | trackbacks(0) | TOP↑

| PAGESELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。