PREV| PAGESELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

緊急通報ポイントマップ:山岳救助要請や山火事通報に--青梅消防署が作製

 青梅消防署は山岳救助要請や山火事通報の際、各登山コースごとに目印となるポイントを記した「緊急通報ポイントマップ」を作製、10月から配布する。マップを活用すれば署員の現場到着までの時間が大幅に短縮できるという。秋の登山シーズンに向け、同消防署は登山客にマップの携帯を呼びかけている。
 マップにあるポイントは「御岳山登山道」など青梅市内の9登山コースの52カ所。同消防署が98年度から選定し、現場にポイント番号を示した看板を設置した。救助の要請などは「○○登山道入り口から▲▲時間歩いたところ」と通報があることが多いが、登山客によって歩く速さに個人差があるなど場所の特定に手間取るケースがある。
 各ポイントは署員が実際にコースを歩き、周りに目印がない場所を選んだ。通報の際に登山客がポイント番号を言えば、場所を効率的に特定することが出来る。また、心肺停止時の応急手当ての手順も記載した。
 マップは5000部作製し、JR青梅線の各駅などで配布する予定。福岡徳栄・予防課長補佐は「安心して登山を楽しんでいただくため活用してほしい。山火事を見つけたときも通報して下さい」と話している。【岩佐淳士】


 確かに歩く早さには個人差があり、私なんかは相当早く歩いていると思われます。9コース52箇所はちょっと少ないかもと思いましたが、これから増やしていくのであれば良い対策であると思います。さっそくマップを取りにいこう。
スポンサーサイト
にほんブログ村 アウトドアブログへにほんブログ村 アウトドアブログ

| 山の話 | 12:02 | comments(1) | trackbacks(0) | TOP↑

COMMENT

これをきっかけに、山の事故の救助がスムーズになると
いいですよね。

| なおき | 2006/10/28 17:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://variousblog.blog4.fc2.com/tb.php/26-f542bb51

TRACKBACK

PREV | PAGESELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。